雑記

もいもいフィンランド 第3回「アールト大学」

投稿日:

こんにちは、ヒラタです。

前回に引き続き、もいもいフィンランド第三弾、今回はアールト大学についてとりあげます。

※お断り:今日は真面目な回です。笑いどころはないです。

アールト大学とは

アールト大学は、2010年に設立された大学で、フィンランドのイノベーションを促進することを目的に作られた大学です。

ロゴが独特で、画像ではA!となっていますが、これ以外にもA?やA" など、様々なバージョンが存在します。

アールト大学のロゴ

キャンパスはヘルシンキ近くのエスポー市にあって、オタニエミ(オタ半島)という大学街を形成しています。

ヘルシンキ中央駅からは、メトロ(地下鉄)でわずか15分ぐらいです

 

おしゃれな建物

アールトという名前、実は有名な建築家アルヴァー・アールトの名前から来ています。

彼がこの大学の前身、ヘルシンキ工科大学出身だというのがその由来です。

 

というわけで、大学自体もとてもおしゃれなのです。

例えば、図書館ですが

大学図書館

いかにも北欧デザイン、っていう感じです!

図書館なのですが、実はここ、話してOKなのです。

実際この写真、右側の男性二人がなんかべらべら喋ってるとこです。

 

他にも、例えば、このメトロアールト大学駅

アールト大学駅

駅の天井や壁が、とてもおしゃれにデザインされています。

というか、日本のメトロの駅と違って、人が全然いませんね…

 

最後に紹介するのが学食です。

写真がいまいちなのですが、家具に注目してください!

めっさおしゃれな椅子たちが置かれています。

 

そしてなんとここ、バーとしても営業でき、ときにはワインフレンチのコースなども提供しています。

もちろん、値段はめちゃお高いですが…

 

イノベーションの拠点

デザインがおしゃれなのもさることながら、すごいのが設備の充実さ

イノベーション(というか、新製品の開発)を行うための設備がたくさん用意されています。

 

例えば、先程紹介した図書館内には3Dプリンターが多数設置されています。

3d-printer

しかもこれ、学生が授業関連のプロジェクトで使う場合、無料で使えるのです!

使い方がわからない人には使い方を学ぶ講座も開講しており、文系のヒラタでも使えるようになりました。

(他にも、レーザーカッターなどもあったのですが、なぜか写真を撮り忘れてしまいました)

 

PV作成用の動画機材なども充実!

カメラやレフ板、照明機材、レールやグリーンバックなど、あらゆる機材が無料で借りられました。

もちろんこちらも、必要に応じて使い方をレクチャーしてくれます。

↑レクチャーの様子、このときは照明の使い方について学んでいる

 

面白い授業がたくさん

アールト大学には、日本ではないような授業がたくさんあります。

例えば

ロシアでのビジネス展開(6単位)

こちらの授業では、ロシアにおいてどのように事業を展開するべきなのか、西側諸国との違いについて学べます。

この授業一番の目玉は、

実際にロシアに行ってしまうこと。

ヘルシンキから新幹線で3時間半、サンクトペテルブルクにお邪魔します。

しかも

旅費はすべて大学持ち!

ビザ申請費から現地のディナーまで、全て大学が負担してくれます。

超豪勢なロシアンディナーに招待してもらいました。

 

全然関係ないのですが、最終日の昼間、フィンランド人の女子達に連れられてジョージア料理を頂きましたが、何故かそこで日本の女性の社会進出LGBTの権利等について政府の見解・国民の意識などを問われることになった…のは興味深い経験でした。

↑美味しかったのかよく覚えていないジョージア料理。外交官の気分でした。

フィンランドでは同性婚事実婚夫婦別姓などなど、大体のその手のことは既にOKですからね。女性の社会進出も進んでますし。

さすが先進国。

 

 

他にも面白い授業はあったのですが、今日はここまでです。

また次回、もいもい(バイバイ)。

※お断り:フィンランドの法制度等事実関係については、ご自身でフィンランド共和国における公式情報ソースをご参照ください。ヒラタはその専門家ではありません。

ヤンブララジオのDJ、ヒラタです。基本ラジオではツッコミ担当です。最近までフィンランド に住んでいたとか。男です。

-雑記
-,

Copyright© ヤング・ブラザーズブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.